事務職に昼職転職を成功させた29歳 アカリさん


こんにちは、 ナイトワーク昼職転職ブログライターのAtsushiです

ナイトワークから転職しない方の典型的な言い訳が
「勉強嫌いだから高校までしか出てなくて、、、、
学歴も資格もないから、、、、
昼職の転職はできない、、、、、。」
って奴ですね

まさにこのアカリさんもその典型パターンでしたが
そこから一歩踏み出したアカリさんは人生を変えることに成功しました



東京都在住 29歳 アカリさん

現在の職種:事務職
ナイトワーク経験:9年
転職期間:3ヶ月

29歳のアカリです。

軽く私のプロフィール紹介

高校卒業後、勉強がイヤだった私は大学進学もせず、フリーターの道へ
何でもすぐ飽きちゃう私は色々なバイトを転々、
その後ナイトワークという名の水商売に就職?!
現在は、某グループ会社で昼職の営業事務をしています。

私がナイトワークから昼職に転職した理由をお教えします。
プロフィールでも書いた通り高校卒業後は、バイトを転々としていました。
その頃は親と同居しており(現在は彼と同棲中)バイトを転々としていたら、

まぁ親が煩いのなんのって、
「今からでも大学行ったら?」
「就職しなさい」
「これから どうするつもりなの?」
「姉がこれじゃあ、妹と弟も同じ道を行ったら困る」
などなど、父母から小言を言われる日々。

バイトを変えようものなら、その勢いは増す増す!
食卓で言われ、顔を見れば言われ状態。
そのうち部屋に来てまでお説教される始末。

バイトを変えたって家にお金を入れてるから、いいじゃない!!
水商売やナイトワークをしてるわけじゃないし、就職してはいないけど昼間働いてるし
一応昼職だしねなんて思って言ってみたら
反撃がすごいのなんのって

あの頃は、家に帰って親と顔を合わせるのが、本当に本当にしんどいの一言でした。

私的には、毎回のように、もぅーーーーーーーー!!!ってなり
そのうち一人暮らしをしようと考え始めました。

とりあえず、実家を出たいの一心で、バイトをしながら部屋を借り家具を買い
一人暮らしを始めました。

最初は一人暮らしをして楽しかったのですが、結構、お金がかかるんですよね。
家賃に光熱費、食費、携帯代、洋服代、飲み代。
一人暮らしをしたら友達が泊まりにきたり、そのうちたまり場状態に・・・
友達が泊まりにくるのは楽しいんですが、電気代、水道代などが急上昇(汗)
友達に請求するわけにもいかず、お財布は、かなり淋しい状態。
心の豊かさとお財布の状態は反比例でした。

そんな中、またまたアルバイトに飽きてきた私。
偶然にも繁華街でキャッチのお兄さんに声をかけられました。
バイトまで暇だしってことでナイトワークについての話を聞く。

帰ってからバイト情報誌の、いつもは見ない後ろのページ
ナイトワークという水商売ゾーンを見てしまいました。

夜職ってこんなに時給がいいの???あれもこれも買えるじゃん!
ナイトワークって素晴らしい!水商売って最高!!
昼職の時給を考えたら 絶対ナイトワークでしょ!!
って気持ちになりました。

一人暮らしだし、親にばれる事もないし、何より、ナイトワークの時給を考えると
もう、心には昼職から夜職に転職しかない状態。

キャッチのお兄さんの名刺を見て、電話して面談。速攻で決まりました。

それからは、水商売に一直線。何店舗か異動もしました。
金額は言えませんが、ナイトワークで、かなり稼ぎました。

ただ、ナイトワークにした途端、夜に働いてるので、友達と遊ぶ機会が減りました。
となるとお金は貯まる一方かと思いきや、バッグや服、靴、装飾品に使い込んでいました。

そんな中、昔の友人から誘われた合コンで今の彼と出会いました。
彼は普通に昼職のサラリーマン、給料も普通、見た目も普通です。
そんな彼とお付き合いをすることになったのはいいのですが、昼職と夜職、生活リズムが正反対。
私の仕事後に電話するには、昼職の彼は睡眠中。仕事前に電話するにも彼が残業してたら、電話もできない。

デートも平日の昼間は昼職の彼には無理、夜職の私は、金曜の夜、土曜の夜も仕事、昼間は寝てる。
なんて状態なので、日曜日、ナイトワーク後に寝ないでデートをしたり、
たまに平日の夜に、夜職を休んでデートの日々。

全然会えないので、勢いで同棲することに。

同棲したけど、結局、昼職と夜職の生活リズムは変わらず、お互い寝てる姿を見るばかり、
やっぱり私も普通の女子と一緒で、
彼と一緒にいたい、もっと何処かに出かけたい、
一緒に住んでるなら普通に一緒に夕飯とか食べたい。
できれば、朝ご飯を一緒に食べて、一緒に電車に乗りたいなと思い始めました。

でもそれをするには、夜職から昼職に転職しなきゃ。
ってことで就活開始、正社員を目指すも高卒だし、落ちてばっかりでした。

正社員を諦めて、とりあえずで働いた、派遣社員。
今の会社で3年間、派遣社員で働きました。
ナイトワークで慣らした人と話す対人力や接待力のおかげか?!
結構、色々目をかけていただいて、運が良かったのか、正社員に登用

今では、高卒の私が、正社員で働いています。
結構、大きなグループな会社なので、給料もよく、満足しています。
出会った頃もそうですが、いまだに彼より稼いでいる私です。

毎日、彼と朝食を食べ途中まで同じ電車で出社、
夜も一緒に夕飯を食べて、休日はデートもできて

夜職から昼職に転職できて良かったなって思います。
なんたってプライベートが充実できたのが良かった。

ナイトワークが悪いとか水商売がダメとかは思いません。
幸せは人それぞれだと思います、
ただ、私は、今、充実な日々を送っているので、
夜職から昼職に転職を考えている方がいたら、
一歩を踏み出してみてって思います。

道はそれぞれ、自分の道を変えるためにコツコツ、
自分のスキルアップに時間を使うのも大事だよなって気付かせてもらいました。

ある日突然白馬の王子様が迎えにきて人生が突然変わることだけを
指を加えて望んでいても変わりませんよね

インスピレーション、直感で「生き方を変えよう」と思ったら
まずは小さなことからでも行動することこそ大事ですね

ナイトワーク昼職転職ブログライター Atsushi