保育士に昼職転職を成功させた38歳 理恵さん


こんにちは、 ナイトワーク昼職転職ブログライターのAtsushiです

夜職から昼職に転職するのにやっぱり資格ってあった方がいいんですか?
そりゃあ、資格があったら誰が見ても「仕事できます」って証明できますからね!

それが国家資格だったらなおさらOKに決まってるじゃないですか?
誰が認めてるかわからない資格じゃなくて、国が認めてる基準に達してますよってことですかね

とは言え、その資格を取る前に
「自分がなんでその仕事をしようと思うのか、、、」
それがあるから資格をとるのも頑張れる!
というのを思い出せてくれる理恵さんのお話しです。



東京都在住 38歳 理恵さん

現在の職種:保育士
ナイトワーク経験:7年
保育士資格取得期間:1年半
保育士資格取得開始:25歳

38歳の理恵です。(×1子持ち~の再婚組)
×1、子持ちの私がナイトワークから昼職に転職した理由をお教えします。
といっても夜職から昼職に転職したのは9年前の事です。
ずいぶん前の出来事ですが、誰かのお役に立てるならと思って体験談を書いています。

ちなみに子供は、もうかなり大きいです。
もうずいぶん前に身長も越され、彼女ができるほどの年齢です。

それはさておき、昼職に転職したお話を・・・

短大卒業後、就職1年ちょっとで学生時代の彼とデキ婚し、寿退社。
(今思えば、育児休暇を取ればよかったのかも)

彼も就職していたものの、まだまだ新人扱いで一番辛い時期に
出産を機に会社を辞め専業主婦となり、のほほんとしたした性格も相まって
彼には、楽して楽しんでいるように見えたのでしょうね。。

喧嘩が増え、出産して1年もしないうちに離婚。

実家に帰り、実家にお金を入れるために働かないとと思い。

少し若めに言えばナイトワーク
まぁ私の時代で言えば水商売で働きだしました。

子供が母乳じゃなくミルクっ子だったし、なんせ初孫フィーバー状態の両親でしたし
何ら問題はありませんでした。

朝帰って昼過ぎまで寝て、午後は公園に遊びに行き、夕方に出勤な生活。
生活にも支障はきたさない水商売もといナイトワーク

何も問題なくナイトワークをしてたのに
なんで転職しようかと思ったのかといえば

2点あります。

お客さんに言い寄られる事も多かったし、お客さんと結婚した同僚もいて
そろそろ再婚してもいいかな?と思い始めていたのと(誰ともお付き合いはしていませんでしたが)

一番の理由は、子供の進学って言っても幼稚園なんですけどね。

ママ友なんていないかったので、色々と幼稚園について調べてみたら、
初めて知ることばかり、PTAや役員、お弁当・バザーや運動会などなど
そして、とあるサイトには
子供が幼稚園のおままごとで色々言ってて困ると書いてるママさんがいて、
内容を見てみると
子供が親の事を幼稚園で話してくる、
夫婦喧嘩も子供のネタにされる、
お父さんが酒臭い
ママはパン屋さんで働いてる等々

これには衝撃でした。子供ってそんな事話したりするの?
うちは男の子なんで、おままごとよりも車や電車で遊ぶ子だったし、
ビックリしました。
子供たちの交流が深まれば、否応なく親の話も出てくるようになるのかと

うちのママは朝帰ってきて、お酒臭いし
昼まで寝て、夜に仕事に行くんだ・・・なんて話すのかと思ったら
ちょっと考えてしましました。

ナイトワークで働いてても何も支障がなかった生活ですが、
恰好良くいえば、ナイトワークといえど、水商売。
親が水商売で子供が何か言われたら嫌だなと思い。
夜職から昼職へ転職しようと決めました。

昼職で最初に浮かんだのが、OL。ちょっとの間は就職したしOL戻ることも考えましたが
だけど、せっかく転職するなら新しいことに挑戦したいなって、
水商売時代お客さんと話すのは結構好きだったから、対人の仕事が良いかもと思い。
何かいいか考えてる時に、子連れで公園に行きそこで出会ったのが、保母さんでした。

近所の保育園も同じ公園に遊びに来てて、保母さんって選択枠もあったな。
元々子供も好きだし、まだまだ再婚して子供を作る気もあるし、
保母さんをやっていたら、育児の最新情報がわかるんじゃないかしら???

なんて、今さらだけど、安易な考えで、昼職の転職先決めたなと思います。

夜職から昼職への転職。
今は、保育士っていうんですが、あの当時は保母さんでした。
またまた昔話しちゃってすいません。

保育士は近年でも、足りない、保育園も足りないなんて問題になっていますが、
私が昼職に転職した時代でも、保育士不足でした。

おかげで、すんなりと転職できました。
自分の子供じゃない子を預かる責任ある仕事で大変ですが
(どんな仕事にも責任は伴いますよね、すいません)
子供たちから教わる事が多く、子供のすばらしさ、元気、努力にふれ
感動することもしばしば、夜職から転職する際、保育士を選んでよかったなと
今でも思います。本当に良かったなと

ちなみにですが、保育園でおままごとの会話を聞いていると、
子供って、結構見ているんだなと感心する一方。
時々、家庭内の怖い会話を聞いて、お迎えのお母様の顔を見て
あのママ、お風呂出た後、全裸で家中、歩いてるんだ・・・

なんて心の中で思うこともあります。
きっと自分んも何か言われていたんだろうけど
子供って可愛いけど・・・見てる所は見てるんです。
みなさんも気を付けて

最後に、ナイトワークから転職して、
3年ほどで、良い人にめぐり合い再婚いたしました。
息子も新しいパパになついて、新たに二人の子供も生まれ結構幸せです。
保育士をしていたおかげで最新情報も役に立ちました。

今回の再婚、出産では、前の教訓をいかし、育児休業制度を使いました。

どんな場面で夜職から昼職に転職したいと思うのかは人それぞれです。
転職したおかげで、私は再婚も出産もできたので、良い結果だと
思います。
ナイトワーク、水商売、転職したいなと思ったら、昼職に転職する事をオススメします。

これを読んで、私も転職したいなって思ってくれたら、嬉しいです。

道はそれぞれ、自分の道を変えるためにコツコツ、
自分のスキルアップに時間を使うのも大事だよなって気付かせてもらいました。

ある日突然白馬の王子様が迎えにきて人生が突然変わることだけを
指を加えて望んでいても変わりませんよね

インスピレーション、直感で「生き方を変えよう」と思ったら
まずは小さなことからでも行動することこそ大事ですね

ナイトワーク昼職転職ブログライター Atsushi