ナイトワークからの昼職転職の秘密

ナイトワークから昼職転職する為の秘密

こんにちは ナイトワーク昼職転職ブログライターのAtsushiです

さて、お水の世界に入って数年すると、夜の世界に踏み入れた時とは、
自身の状況って色々変わってきていませんか?

「夜の仕事やめたい」って思ったことありません?

▼自分自身で変わっていないつもりでも、「夜の仕事をし続けるのに体力がキツいなぁ?」
なんて思い出したり、

▼彼氏ができて「キャバクラ辞めてくれ」なんて言われたり、
新人が入ってきて自分売り上げに迫ってくるなんて下から煽りに「ヤバいなぁ」
なんて思い出したり、

▼30代が近づいてきて「このまま夜の水商売の世界にい続けて、将来大丈夫?」
なんて不安が降ってきたり、、、。

▼正直なところ「夜の仕事やめたい!」なんて心のどこかで思っていたり



「こんな水商売や生活のことで悩んでいるの私だけかな、、、」なんて思ってます?

いえいえ、そんなことないんです。
なんと、みんな同じことを悩やんでいます。
ナイトワーク、水商売、夜職、キャバクラの世界に入った時は、みんな、1、2年だけのつもり
が、気が付いたら3年、5年、夜職の世界に浸かっていて、
そろそろ「仕事を変わらなきゃな」とか
「生活を変えたいなぁ」とか
「夜の仕事をやめたい!」とか
「昼職に就いてみちゃおうかな」なんて思っているんですが、

なかなか「変われない」、「変えるに変えられない」っていうのが
夜の世界に生きている人の本音ですよね。

「なんでそんなことわかるの?」って思いました?
それは、わたしが昼職の人事から、人を紹介する人材紹介会社の立上げ、
人を派遣する会社の立上げ、アパレル・飲食ののフランチャイズ本部などなど、
昼職の人の採用に関わるところにずっと関わってきたからなんです。
今までに数千人という人が転職したり、採用される場面に携わってきた中で、
昼職から昼職に転職したり、昼職から夜の世界に入る人はもちろん
夜の仕事から昼書に転職していく人達もたくさん見てきました。

その中で、ナイトワーク、夜職、お水の仕事で培われた、能力の高さにいつもビックリするんです。
この能力を昼職に活かしたら大活躍できるのにっていつも思ってました。

そして、たくさんのキャバクラ経験者、ナイトワーク経験者、水商売の経験者を面談して、
「ナイトワーク独特の悩み」、「将来どうなりたいか」、
「ナイトワークの同業種の人には言えないけど、こんなことあるよねって話」
「ナイトワークあるある」などなど、ナマの声をたくさん聞いてきたんです。

わたしが関わってきた方々の声を独断と偏見でまとめて、
昼職に転職する理由をランキングにするとこんな感じ!

「夜の仕事やめたい」理由ランキング

キャバをやめて、夜の仕事から昼職に転職する理由ランキング
1位 このまま30歳過ぎてもナイトワークの世界にいられるの?将来が心配!
2位 彼氏にばれた、彼氏に辞めてくれって言われた
3位 体がもう限界で~~す
4位 家族の問題!(家族の反対にもう耐えられません!妊娠しちゃいました!)
5位 このナイトワークの世界に入って早数年、もういいじゃないかな?思い出した

ランキングの中に「わかるぅ~」って共感できる理由がありました?
あったら黄色信号!
もし1~3位の理由に少しでも響いちゃったら昼職への転職を心の底では
望んでいるかもしれませんね



でも、「何から始めていいか分からない!」なんて思っていませんか?
そうですよね?
始めの一歩が分からないと一歩がなかなか踏み出せない!

ってことで、カウンセラー業なんかもしている心理学のプロから
ちょっとした頑張らなくても全て上手くいってしまうテクニックを
伝授しちゃいましょう!

昼職転職のためのプロテクNo1

<ステップ1 上手くいったときのイメージをする>
始めの一歩は昼職に転職した後の今から1年後のハッピーな自分を思い浮かべること!

「それだけでいいの?」って声が聞こえてきそうですね。
はい!!!!まずはそれが一番大事なんです!
心がときめくまで想像してください。
夜職を卒業してこんな昼職ついて、あんな格好して、そんなご飯を友達と食べて、、、

なんでも、いいんです。
昼職に関係ありそうで、関係なくても!
彼氏とのラブラブな生活、引っ越して心機一転、毎日のランチが楽しかったり、
将来に対してホッとしてる姿だったり、、、、
それを想像することが大事なんです

実は、妄想族の私はこのステップがとても得意なんです(笑)

昼職転職のためのプロテクNo2

<ステップ2 イメージを膨らませるためのパーツを集める>
そして、第二ステップ
今度は昼職にどんな仕事があるのか調べたり、
住んでみたい場所の家賃をチェックしてみたり、
転職後に何時から何時まで会社にいるのか、もしくは在宅なのか、
色々なことを調べてみてください。

そうすることで今までの想像がドンドン鮮明になっていきます
その昼職でどんな活躍ができるのか、もっと妄想を広げて見てくださいね

「こんなんで本当に実現するの?」って思ってます?
またまた、「はい!」
これが大事なんです。
オリンピックで活躍するような選手や、トップのプロ・スポーツ選手、
企業のトップにいるような人、女優さん・俳優さんなんかもやっている
イメージトレーニングの技術なんです。
私のクライアントさんには、最初にイメージ力を上げてもらうトレーニングを
じっくり数時間かけてまでやらないと
次のステップに行かせないくらいイメージすることって大切なんです。

どうしてかって?
人の意識は普段意識している顕在意識っていうものと、
自分で意識できていないけどモノ凄い力を持ってる潜在意識っていうものに分けられます。

どのくらい凄いのかって?
強烈なダメンズ・ウォーカーって周りにいませんか?
もうダメンズ卒業って言葉で言いながら、磁石のようにダメンズを惹きつける友達・知り合い。
これがいい例。
普段の意識では「ダメンズなんてもう嫌!」っていいながら、
心の奥底(潜在意識)ではダメンズを求めてるから、
「よく見つけてきたね!」っていうくらい、クラブ言っても、
友達の紹介でも、飲み会行ってもダメンズを惹きつける。

「あるある!」って思っちゃいました?

あるあるって思ったこのパワフルなチカラを自分の叶えたいモノに使ってあげると
まるで努力なんかしてないかのように
簡単に必要な人や、チャンスや、お金を引き寄せてくれるんです。
これが人間の脳の不思議なくらいパワフルで、
あなたがまだ使いこなしていないチカラなんです。
ちょっと前に流行りましたよね、引き寄せの法則って。

そして、このチカラを引き出す方法の一つが「イメージすること」
他に「決断すること」、「自分を許すこと」、「行動すること」なんて
後で出てきますが一番大事な一歩がイメージすることなんです。

ってことは、偉い脳学者さんも言ってるんです
「どんなに頑張って考えても計画しても、
一瞬の鮮烈なイメージしたものが実現することを止められない」
だって!

ってな訳で、ステップ2まではひたすら想像を膨らまして!
想像を膨らませるためにどんな仕事があるのかチェックするなら
昼職の求人数と登録人数が日本でトップクラスのマイナビ転職を覗いてチェック!

↓↓↓↓↓↓



昼職転職のためのプロテクNo3

<ステップ3 決める>
ステップ1、ステップ2、想像をどんどん膨らませてきましたが、
このステップ3では、その想像の自分になるって決めます。
「できたらいいな」ってことは世の中いっぱいあります。
だけど、それはまず叶いません。
叶うのは「~になる/~する」って決めたときだけ、
人の脳みそのある部分にスイッチが入ります。

今までに経験ありません?
「彼を落とす!」とか、「このお客さんを振り向かす!」って
決めた瞬間にスイッチが入ります。

だから今回は「昼職に転職する」とか、
「新しい昼の人生を踏み出す」って決めちゃいましょう

昼職転職のためのプロテクNo4

<ステップ4 自分を許す>
「自分を許す」っていうと、とても重い言葉ですが、
要は「もし私が~~~だったら、、、、、」っていう、
だったらごっこしましょってことです。

専門用語でいうとセルフイメージ(自分自身のイメージ)を変えて
目標にふさわしい自分になったフリをして、脳みそを騙すってことです。
脳みそにはフリっていうのが理解できません

例えば、「レモンを口の中に入れるのをイメージしてください」って言われると
口の中に酸っぱいイメージが広がって口の中に唾液が出てきて
想像力が豊かな人は口先がすぼんじゃったりしませんか?

同じように
「自分もお金持ちなように振舞い、お金持ちのように喋り、お金持ちのようにお金に接する」と
お金が入ってくるようになるんです。

じゃあ、今回は?
「昼職について、昼職についているような言葉使いで、
昼職についているような振る舞いで、昼職についているように人に接する」と
昼職に就くチャンスが向こうからやってきます。

今までは夜の世界で生きる艶(ツヤ)のあるイメージだった自分を
ちょっと大人な雰囲気で
昼職のオフィスで
バリバリ仕事をしてそうな自分のイメージ書き換えてみるんですね。

昼職転職のためのプロテクNo5

<ステップ5 行動する>
そして、ここまで来たら行動を起こすってことが大事です。
回転寿司も、引き寄せの法則も、目の前まで自分の欲しいものを届けてくれます。
しかし、最後の一歩、手を伸ばしてそのチャンスをとらないと、
実際にお寿司は食べられませんし、引き寄せで欲しい結果を得ることはできません。
さあ、手を伸ばしてチャンスを掴みましょう。

私のクライアントさんだと、毎週毎週、進捗を聞きながらフォローできるんですが
なにせ、私、現在、海外多くてなかなか
新規のクライアントさんと契約をすることができないんですね

そこで、まずは昼職の情報集めをしながら、
ちゃんとしたエージェントと登録してみるのが
今は最初の行動っていってもいいかもしれませんね。

いろんなエージェントがいますが、
フォローをちゃんとしてくれるエージェントをピックパップしてみました

昼職転職を考えたときのベストエージェント

<昼職に転職を考えるナイトワーク経験者のためのエージェント>
ナイトワーク経験者に特化してるっていうのがありがたいですよね
なにせ痒いところに手が届く!
夜職から昼職中心にスパッと人生切り替えてみませんか?



転職エージェントを比較するなら、こちら
http://昼職転職.com/昼職転職エージェント比較/

ナイトワーク昼職転職ブログライター Atsushi