夜職から昼職転職するための資格比較!


こんにちは ナイトワーク昼職転職ブログライターのAtsushiです

今回のお話はやはりに気になる資格特集!

転職に必要な要素

昼職、夜職問わず転職の相談をされる中で皆さんハンデだったり、ハードルだと思われるのが
1.学歴
2.スキルと資格
3.経験
昼職の就職活動の三種の神器!

まず、一つ目の学歴は

他のコラム(昼職転職.com/ナイトワークから昼職に転職するのに役立つ資格!/)でも書きましたが
ちょっとお金と時間をかければ高校の卒業資格、もう一歩進んで大学の卒業証書くらいは
とれちゃうんものなんですよ~
それが果たしてどれだけの意味を持ってるかって?
それは自分自身の自信になったり、海外の就労ビザ、例えばシンガポールあたりのビザを取るためには
とてつもなく有効ですよ!
履歴書に書けばそこそこ見栄えがいいのも確かです。

ですが、そもそも学歴ってなくても成功してる人は成功しちゃうんですよ
有名どころでいうと、
アップルの創業者:スティーブ・ジョブズ・・・皆さんiPhoneでお世話になってますよねぇ~
Facebookの創業者:マイケル・ザッカーバーグ
マイクロソフトの創業者:ビル・ゲイツ
この3人の共通点は大学中退!きたぁーーーー!
この3人以外でも以外と多い高卒の成功者。

日本だと松下幸之助って、経営の神様と呼ばれてる方なんて中卒ですから~!

彼らからしてみたら、
大学の卒業証書なんてトイレットペーパーほどの役にも立たないモノなのかもしれませんね。

全員が全員、彼らみたいな成功者じゃないですからね、
学歴があった方がプラスになることはもちろんあります
国家資格をとるのに大卒以上が必要なんてこともあるので
学歴がコンプレックスだったりするならそれは大卒の証をとっちゃいましょ!

二つ目のハードル、スキルと資格!

これが今回の本題!
昼職でずっと働いているOLさんでも、転職するときに気になるのが資格!
ユーキャンのCMなんかでも、AKBのメンバーやローラなんかが実際に資格をとってたりしますよね?
そのくらい、資格があると転職に有効なイメージがあるんですよね
ところがです、全ての資格が就職に有利かというとそうでもないんだな

持ってるだけの自己満足な資格って結構あるんですよ
それ持ってても、「正社員じゃ雇えないよね?」みたいな
せっかく時間とお金を投資するならやっぱり給料がよくなる資格を選ぶか
どうしてもやりたいことのための資格を選ばないともったいないですよね

そこで、今回は使える資格をリストアップしてみました

ナイトワーク、夜職からでも昼職に転職するのに使える資格ランキング

国家資格だと
1.看護師
2.歯科衛生士
3.登録販売者
4.土地家屋調査士
5.ファイナンシャルプランナー
6.宅地建物取引士
7.社会保険労務士

民間資格でオススメどころ
1.英語資格(TOEIC / TOEFL / IELTS / 英検 等々)
2.中国語資格
3.USCPA(アメリカ公認会計士資格)
4.ソムリエ資格
5.美容関連

役に立たない資格ランキング
1.医療事務
2.調剤薬局事務
3.介護事務
4.歯科助手

それではそれでは、解説といきましょう!

1.看護師

オススメ度:☆☆☆★★(なくせない仕事No1)
資格難易度:☆☆☆☆★(取得に時間が要しますが国や病院の補助で経済的なバックアップがありがたい)
資格取得期間:☆★★★★(最短でも5年はかかるので長期で考える必要がありますね)
平均年収:正看護師の平均年収:561万円、准看護師の平均年収:478万円(夜勤あり、なしでだいぶ変わります)

ザ・医療業界の花!
シングルマザーがよく奨学金うけて30歳くらいからでも
学校に通って看護師になる方がいるくらい、医療業界の手に職の典型ですね。
はい!間違いなく人手が足りてない業界、業種No.1です。
どこもかしこも人手が足りてないので、ちょっと休職しててもあっという間に就職できちゃったりします

資格の取り方もいろいろで、国や病院でいろいろな制度があったり調べると中々お得に資格がとれたりします。

中には准看護師資格取得を働きながら進めて通信課程で正看護師になるなんて方法もあるんで
自分にあった資格取得ができちゃうかもしれませんね
そして、この国家資格は日本全国どこいっても引くてアマタ

夜職から昼職いって、会社潰れて路頭に迷うとか言うシナリオに比べれば
どこいっても強い資格があるって便利ですよね
「夜の仕事やめたい!」って思ったらまず一つの選択肢としてありかも♪

2.歯科衛生士

オススメ度:☆☆☆★★(人で不足職種top3)
資格難易度:☆☆★★★(取得には時間もかかりますが学校もなかなかいいお値段するんですよね)
資格取得期間:☆★★★★(最短でも3年はかかりますこれはちょっとネックかな)
平均年収:345万円(平成27年賃金構造基本統計調査、歯科医院によりまちまちのようですが)

マスクマジック歯科衛生士w
Atsushiは常にあのマスクマジックにやられています
あの歯科衛生士も立派な国家資格でして、
実技が必要だったり歯のメンテナンスの仕方なんていうので指導とか講演しちゃったり
なかなかやりおる資格だったりするんです。

そして、何より、歯科医院の数がコンビニより多いってきいたことあります?
これ本当に多いんですよ

『歯科医院の数はコンビニの1.5倍
2010年の統計によると、全国の歯科診療所は68167施設。一方、コンビニの店舗数は42865店。』

コンビニより多いって、、、、、

ってことで、どこの歯科医院も困っているのが看板娘になってくれる歯科衛生士さん
「多少ぶちゃいくでもいいからウチにきてぇ~」っていうくらい困ってるだって
友人の歯科医師も本当に「人が抜けちゃうと埋めるの大変なダァ~」ってこの前ぼやいてましたw

プラスで何がいいって?
歯科衛生士は玉の輿が狙いやすいポジションだったりもするんですよね
そのまま、永久就職ですかぁ~?って奴です

病院というそこそこ大きな組織の中で
看護師と医師がくっつくのって、なかなか大変らしいんですよ
ここだけの話、遊ばれることはよくあるらしいけどねw

それに比べると、歯科診療所って比較的、診療の席数少ない中でしょ?
ってことで、売れてる歯医者さんの永久就職プランはありかも(笑)
せっかく、昼職に転職するならそれくらいの旨みを計算してもいいじゃないですかね?

3.登録販売者

オススメ度:☆☆★★★(新しくできた資格で取得しやすいのでそこまでメリットが大きいとは言えないかも)
資格難易度:☆☆☆☆☆(難問とは言われていますが、それでも前述の看護師、歯科衛生士に比べれば圧倒的に取得しやすいでしょう)
資格取得期間:☆☆☆☆☆(最短30時間の試験勉強で合格したという強者がいるくらい)
平均年収:300万円~ (スタッフ、店長、エリアマネージャーなど役職によってだいぶ年収に開きがでてきます)

ドラックストアなんかで、薬剤師の免許がなくても
一般用医薬品の大多数を占める第二類・第三類医薬品の販売できるっていう資格!
薬剤師をとるのって6年間大学に通って国家試験受けなきゃいけないんですよね
それに比べたらコストパフォーマンスはやたらいいかも!
ちなみに、ユーキャンで調べると受講料5万円ときたもんだぁーーーー!
ヴィトンの財布より安ぅ!

ちなみに、『登録販売者の資格を持つ正社員の平均年収は300~400万円』

ってことで、下手に事務のOLさんになるより1~2割給与は高めですね

4.土地家屋調査士

オススメ度:☆☆☆★★(競合のいない資格!資格の取得しやすさに比べるとコストパフォーマンス良すぎ)
資格難易度:☆☆☆★★(試験としては難易度高めですが、取得費用はなかなか低め)
資格取得期間:☆☆☆★★(1000時間~1500時間は最低勉強が必要ってことですが、看護師よりは取りやすいでしょう)
平均年収:800~1000万円(独立されている方が多い資格なので最初は事務所入ってその後独立を目指されては?)

不動産の表示に関する登記を独占的に行う国家資格!
こんな穴場資格があったのか!
不動産登記により所有者の権利や財産を守るお仕事ですが、
なかなかマイナーで取得がしやすく、使える資格

不動産表示登記申請のスペシャリストとして、将来的に独立開業を目指せるのが土地家屋調査士。
不動産関連の仕事を中心に活躍が可能なんです!

そして、何より、今の土地の所有者って誰か知ってます?
これがまた、団塊の世代という、おじいちゃん、おばあちゃんの世代なんですよ
70歳を超えた、その人たちが土地を売却したり、譲渡したり、相続したりっていうのが
オリンピックを過ぎると急激に増えていきます。

そんな時に必要な資格と仕事がコレ!!!
独占なんだから仕事も独占しちゃってくださいよ~って、いい資格ですよね?

5.ファイナンシャルプランナー

オススメ度:☆☆☆★★(お金のスペシャリストになれてしまう資格)
資格難易度:☆☆☆★★(比較的とりやすい資格)
資格取得期間:☆☆☆★★()
平均年収:300~800万円(業界によってだいぶ年収に開きがあります。一番いいのが不動産業でFPですね)

“FP(ファイナンシャルプランナー)”と一口で言っても、2つの種類の資格があるんです。
ひとつは国家資格である「FP技能士」、もうひとつは民間資格である「AFP,CFP」です。

「FP技能士」は3段階、易しい順に3級、2級、1級の順にレベルが分かれていて、
FP技能士の資格試験は日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体が実施しています。
一度合格した資格に有効期限はなく、更新の必要はありません。⇒毎年更新が必要な資格に比べたら圧倒的にメリット大ですよね

「AFP、CFP」には2段階のレベルがあり、易しい順にAFP、CFPに分かれています。
AFP、CFPの資格試験は日本FP協会が実施。
難易度は、AFPが2級FP技能士と、CFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準です。
FP技能士とは違い、AFP、CFPには資格の有効期限があります。
資格を更新するためには、資格の認定後に定められる継続教育期間中(おおよそ2年間)に、AFPは15単位以上、CFPは30単位以上を取得する必要があります。
なんて利権がらみなにおい~w

もし、勉強に相当自信があるなら
公認会計士、税理士、弁護士、司法書士あたりは国家資格の中では最強
日本の国家資格ではないですが、USCPA(アメリカ公認会計士資格)は
日本の会計士資格よりも取りやすいので英語がちょっとできるととてもいい資格です。

あとは英語ができるアピールするなら
TOEICとTOEFL、これは大手の企業なんかでも採用基準にとりいれてるくらいなんで
点数が高ければ持ってるにこしたことはないですねってことで、順を追ってお話していきますね。